子育て

外におむつを捨てたくない私が”BOSおむつがにおわない袋”に出会う

外におむつを捨てたくない

こんにちは、くさいのはお断り。お松です。

この度ニオイ問題に耐えられず、防臭袋とペールバケツを購入しました。

ベランダにオムツを捨てたくない人、私だけではないはず。

だって、虫が嫌だもの。

そもそもごみ箱を外に置きたくない。

洗濯物も部屋干しなので、さすがに部屋のニオイも気になる。

この”おむつが臭わない袋”に出会うまで、それはそれは大変な思いをしました。

もう根負けして外に出したくなるような臭い!

鼻が曲がりそうで夏場はゴミ箱を開けること自体が苦痛でたまりませんでしたね。

ゴミ箱はオムツ専用の中の袋をねじって密閉するタイプを使用していたんですが、本当に実験したのかい?と疑ってしまうレベルです。

加えてうちの子は大きくなっても1日に5回も6回もうんちをする子だったのでゴミ箱が小さすぎてゴミの日まで持たないんですよね。

おむつがにおわない改革 ゴミ箱を買う

まずゴミ箱の容量、密閉度

なんとかならないもんかと楽天市場でひたすら検索の日々。

トイレに置きたかったので、スリムなものを探してたんですが、ペールバケツってやたらと大きいか、小さくてずんぐりしてるものが多いのでなかなか探すのに苦労しました…

でも見つけました。

ライクイットというメーカーの密閉ゴミ箱(シールズ25)。

これ、お値段なんと、購入した時

7,000円ゴエ。

いやいや!
それはちょっと…と思って、一応お気に入りに入れて、その後何日も検索。

しまいには近所のホームセンターや家具屋さんを回りましたが、このサイズって本当に売ってないんですよ。

仕方なく購入したんですが、これがまぁシンデレラフィットでして、設置した時の感動ったらもうプライスレス。

普通の自治体指定袋(45ℓ)をセットして使えるので、捨てる時も楽。

ゴミ箱自体が25ℓの容量があるので、週に2回のゴミの日で、2人分のオムツも間に合うしで結果、最高でした。


BOS(ボス)おむつがにおわない袋と出会う

おむつがにおわない袋

防臭袋もいろいろネットで調べたのと、近くの西松屋ではトイレグッズのコーナーに置いてあるので信頼できそうだなと思い、購入してみたんです。

値段はSSサイズ200枚入りで1,500円ぐらい。

ちょうど上の子がロタウイルスにかかった時に届いたのでいきなり腕の見せ所です。

というよりこれがなかったらどうする気やったんやと自分に言いたい。

普段より格段に臭くてたまらん汚物を臭わない袋に入れて入り口を縛り、どれどれ…とおそるおそる鼻を近付けるとあら不思議…

びっくりするほどにおいがしないではありませんか。

正直多少はにおうだろうと思っていたんで、びっくりしすぎて夫にも嗅がせる始末。

夫婦そろって「これは革命や!」と大騒ぎでした。

あれからというもの、我が家のオムツ事情は非常にスマートになったもんです。

この防臭袋なら、ペールバケツじゃなくてもよかったかな~と思うぐらいの優れもの。

サイズ展開がほかにもSS・M・ロングなど用途に合わせて選べるので、出先で困らないように車には介護用のLを買い置きしてます。

我が家は今自宅で使っているSサイズの防臭袋にオムツ2枚突っ込んでいるんですが、縛りにくいので、貧乏くさいと思う人はぜひ1枚ずつすててくださいませ。

生ごみにもにおわない袋

介護用もあり、なんとペットや生ごみ用の商品もあるってんで購入しました。

使ってみて違いがよくわからなかったので公式サイトで調べたところ、特に違いはないそう。

我が家は生ごみも当然家の中なので、助かっています。

というかこれがないと夏場はえらいことになります。


においを封じて快適な無臭ライフを

この記事では室内前提で紹介しましたが、もちろん外に臭いものを捨てるのにもおすすめ。

介護で出る汚物、ペットの汚物にももちろん必ず本領発揮してくれます。

とにかく感動するのでぜひ試してみてくださいませ。

では。