子育て

陣痛が始まったら上の子は?誰にも頼れない時の具体的な対処法

陣痛が始まったら上の子は?誰にも頼れない時の具体的な対処法
この記事はこんな人におすすめ

出産の時、上の子の預け先がない

妊娠したばかりで上の子のために
どう準備したらいいかわからない

夫が妊娠中も自由すぎて不安

どうも、お松です。

2人目のお産のときのお話。

私は一応里帰りしていたのですが、
両親は現役で仕事を持っているため、
ほとんどあてにはしてませんでした。

そのかわり
車で20分の距離に住む妹に
長男を迎えにきてもらえるよう
お願いしておいたんです。

しかしいざ陣痛がきても連絡が取れない

結局誰にも連絡がつかずに
上の子を連れて産院へ駆け込みました

そんな経験から
上の子がまだ小さいママのために

誰にも頼れない時の対処法を解説します。

妊娠した時から準備できる誰にも頼れない時の対処法

陣痛タクシーの登録

託児室がある
 または
 子連れ入院可能な産院を選んでおく

夫に過度な期待をしない心がけ

陣痛タクシーの登録

陣痛が始まったら上の子は?誰にも頼れない時の具体的な対処法

陣痛タクシーとは?

妊婦支援タクシー
マタニティータクシーとも呼ばれる

タクシー会社が子育て支援サービスの一環として、陣痛・破水時に産院まで送ってくれるサービス。

step,1

まずは近くのタクシー会社でこのサービスを提供しているところを探しましょう。

 陣痛タクシー 地域名


で検索すると出てきます。

細かいサービスエリアの設定があったりするので、きちんと自宅は対応地域なのか確認しておいてくださいね。


step,2

利用には事前登録が必要です。

電話番号・住所・氏名・産院などの情報
あらかじめタクシー会社へ申告します。

普通のタクシーだと、陣痛・破水時は乗車拒否されることがあります。

この事前登録で優先的に送迎をしてもらえるので安心。

上の子の預け先が決まっている場合は、預け先を経由してくれるところもあります。


託児室か子連れ入院可能な産院を選ぶ

陣痛が始まったら上の子は?誰にも頼れない時の具体的な対処法

健診・入院時に
託児を行っている産院がある

上の子も一緒に入院できる産院がある


近くにこの条件の産院があれば利用をおすすめします。

私はあらかじめこの条件で産院を探していたので、妊婦健診のときも託児室で預かってもらえてとても便利でした。

入院の時に預け先があらかじめないとわかっているなら予約が必要なところがほとんどなので早めの予約を。


夫に過度な期待をしない心がけ

陣痛が始まったら上の子は?誰にも頼れない時の具体的な対処法

マインドは大事です。

ひとりで産むつもりでいること。


あくまで私の考えですが、これは、夫なんかいらんぞという話ではありません。

出産には
女にしか想像できないことがあるのは当たり前だということです。

夫に過度な期待はそもそもお門違い。

”妊娠中なのにあれこれ要求してくる”

”臨月なのに呑みにいく”

”臨月なのに趣味優先”

その都度冷静に制止するのが大きなケンカにならずに精神衛生上よかったのでおすすめの対処法。

これですべてうまくいくということではありません。こちらが怒りの感情をぶつければぶつけるほど反発するのでそれだけは避けておきたいという話です。

先輩ママたちの対処法

Yahoo!知恵袋に寄せられたこんな相談。


二人目出産時に上の子を
どこにも預けず乗り切った方はおられますか?

保育園は定員いっぱいで入れそうになく、実家義実家共に近距離ですが働いていたり忙しく出掛けている事も多いので助けは望めません

いざ陣痛が来た時に主人すぐ来られない、実家義実家共に連絡つかなければ上の子も産院まで連れて行って…となると思うのですが準備やら何やらしてる間まだ2才なりたての上の子の子の面倒はどうすれば…?と不安になりました

いきなり陣痛マックスって事も無いだろうし主人も余程仕事が立て込んでいない限り1時間程で産院には来られるだろうと思うのですが実際どうなるか分かりませんし産院から一人目がかなり早い出産だったので陣痛来たらすぐ入院しないとつく前に産まれちゃうかもしれないからすぐ連絡するようにと言われています

預けられない状況で陣痛が来た場合上の子の事はどのように対処されましたか?

Yahoo!知恵袋より引用

相談者の上の子は2歳。

この相談への回答の中の一部を抜粋します。


ママ友にお願いした

これができる人は限られているかもしれませんが、面倒な間柄でなければ頼るのもありです。


上の子の託児があり、家族が泊まれる病院を選びました。

やっぱりこの手段が多いですね。


他の質問では

ファミリーサポートを利用した。

ベビーシッターの登録をした。

当日OKの託児所を利用した。

といった声もありました。

有料ですが、安心を買うのもひとつの手段です。


経産婦は初産のおよそ2倍のスピードでお産が進む

初産の平均分娩時間が10~12時間
経産婦の平均分娩時間が4~6時間

産婦人科専門医中林稔氏による、お産時間の目安です。

私は長男出産のときに分娩時間が3時間程度だったので、次男の出産がこわくてビクビクしていました。

通常、すでに産道が出来ているので赤ちゃんが下りてくるのも早い

それを踏まえた準備をしておくと安心です。


なるべく不安要素をなくしてストレスをためない

陣痛が始まったら上の子は?誰にも頼れない時の具体的な対処法

陣痛タクシーの登録

産院選び

夫へ過度な期待をしない

身内以外へ預ける選択

以上が具体的な対処法でした。


身内以外に目を向ければ意外となんとかなります。

本当に大変なのは家族が増えてから。

早いうちに荷物をまとめて準備しておきましょう。

余計な不安をなくして上の子との時間を大切にしてくださいね。

では。

お松

妊婦さんはこんなの読んでる


https://blog-amlife.com/ninshinshitara-html/
ベビーシートはいつまで使う?チャイルドシートとの違いやトラベルシステムの選択肢
ベビーシートはいつまで使う?チャイルドシートとの違いやトラベルシステムの選択肢ベビーシートの使用期間・チャイルドシートとの違いやトラベルシステムのおすすめポイントを紹介しています。...